Title_Books

Home

 

園芸の参考書

 
私が植物を育て始めたのは、結婚祝いにベンジャミンをいただいたのがきっかけです。
その後、実家でお歳暮にいただいた「シャコバサボテン」や「シクラメン」を譲り受け、慌てて本を買いに走りました。

Imageのマークの数で、お勧め度を表しています。
Line

野菜作り


ImageImage「ベランダでおいしい野菜づくり」 たなかやすこ・・・主婦の友社
    副題”育てながら食べられる、わくわくキッチンガーデン12ヶ月”

表紙の写真がとても目を引く1冊です。
育てたい野菜を調べるというより、この本に載っている野菜を育ててみたいと思わせるような本です。
最近では、一押しの1冊。

草もの盆栽

Image「草もの盆栽」 山根景子・・・NHK出版
  副題”山草・野草で親しむ寄せ植え”

草もの盆栽では有名な、山根景子さんの作品集。
基本的な育て方も載っています。
山野草の寄せ植えも作ってみたくなります。

瀧本著

ImageImageImage「ヒマワリはなぜ東を向くか」”植物の不思議な生活”、
ImageImageImage「花を咲かせるものは何か」”花成ホルモンを求めて”
      瀧本 敦著・・・中公新書

タイトルにひかれて手にした1冊が「ヒマワリはなぜ東を向くか」でした。
この2冊を読むと、植物に対して、違った見方ができるかもしれません。
ぜひ、読んでいただきたいですね。
Line

こんなときシリーズ


ImageImageImage「こんなときどうしたら?人気の鉢花Q&A」
ImageImageImage「こんなときどうしたら?観葉植物Q&A」
ImageImageImage「こんなときどうしたら?洋らんQ&A」
     ・・・主婦の友生活シリーズ

友人のお母さんから教えていただいた初心者向きの本です。
植物の種類は少な目ですが、基本的なことが詳しく書いてあるので、定番の植物を育てるにはとても参考になります。

家庭の園芸百科

Image「家庭の園芸百科」・・・主婦の友社

樹木、草花、観葉植物、山野草と一通りの植物について書かれている本です。
園芸の本を1冊だけ欲しいという方には、お勧めです。

ハーブを楽しむ

「ハーブを楽しむ」

私が園芸を始めた頃は、本が充実していなかったので、この本を買いましたが、最近では、ハーブの本はたくさん出ているので、もっと良い本があるでしょう。

山野草ハンドブック

Image「別冊 NHK趣味の園芸 山野草ハンドブック」・・・NHK出版

園芸種の山野草全般の育て方が載っています。
この本は、見やすくて親切ですね。

病気と害虫


ImageImage「別冊 NHK趣味の園芸 これだけは防ぎたい 病気と害虫120」・・・NHK出版

本を開くと写真で虫を紹介しているので、とても気持ち悪い本ですが、病害虫の被害の様子などが載っているので、お勧めです。

図鑑500

ImageImageImage「四季の草花図鑑500」
ImageImageImage「香りと花のハーブ図鑑500」
       ・・・主婦の友社

こちらは、比較的新しい本です。
植物も豊富なので、園芸店で並ぶ花は、だいたい載っています。
育て方はそれほど詳しく載っていませんが、あるていど植物を育てている方だったら、この本で十分だと思います。
英語名が出ているので、英国のT&M社のカタログを見るときに便利です。

山野草と樹木

Image「春の山野草と樹木512種」
Image「夏の山野草と樹木550種」
Image「秋の山野草と樹木505種」
・・・講談社

義父が使わなくなった本を譲り受けました。
この本、育て方を書いているのではないのですが、お勧めの本です。
山野草や樹木の中で、間違えやすいもの同士を比較して、違いを絵で説明しています。

園芸カタログ

Imageタキイ、サカタ、花の大和、Thompson&Morgan、改良園、日本花卉、国華園。各社の園芸カタログです。

一度カタログを請求すると、買い物をしなくても、年に2回ずつ送られてきています。
新しい品種を知るのにも、こちらが便利です。
番外編
「NHK趣味の園芸」・・・NHK出版

1年間購入すると、同じような内容が繰り返されるので、ワンシーズン購入したら飽きてきます。
ImageImageImage「園芸ガイド」・・・主婦の友社

隔月(奇数月の8日発売)なので、購入するには、ちょうど良いペースです。
そのときに必要がないと思ったコーナーでも、後々調べるのに重宝する本です。
ただ、面白くない号もあるので、毎号買うわけではありません・・・。
「BISES」・・・婦人生活社

写真がとてもきれいなので、欲しくなる1冊です。
ただ、1冊1200円なので、高価ですね。そこまで払って買うかどうかは、悩めるところです。植物の育て方は書いてありません。見て楽しむ本ですね。
まだ、まだ、ご紹介したい本がありますが、次回の更新で!

Top