Title_GardeningDiary

Home

ImgImgImgImg

2016.6.1(水)
曇り晴れ雨

今年の春は、なぜかチューリップが一輪しか咲きませんでした。昨年の秋に、近所のホームセンターで3品種を5球ずつ植え付けたのですが、土が悪かったことと、冬の間の水やりをさぼったことが原因かもしれません。チューリップが咲かない春は寂しいですね。

その反省もあって、野菜の苗の植え付けには、キチンと土を準備しました。そのおかげなのか、ゴーヤ、ミニトマト、ナスの生長が順調です。

毎年のことですが、今年もユズに花が咲きませんでした。ミカンの木は、花がたくさん咲いたのですが、全部落ちてしまいました。今年も柑橘系は全滅です。実がならない木を来年まで1年間育てるのは、本当に情けないです。ミカンの花には、チョウチョウがミツを吸っていたので、受粉したと思っていたのですが、なぜダメだったのかわかりません。

ブルーベリーが2本ありますが、細々と実っています。こちらは、毎年実を付けます。コガネムシが土の中に卵を産み付けてしまうので、秋から冬にかけて、ひたすら土の中から「手でトール法」で、幼虫を取り除きます。私の体調が悪くなるので、農薬がまけません。さすがに、素手で取るのは嫌なので、ゴム手袋を使っています。

2016.5.14(土)
晴れ

昨年は、息子の中学受験や通勤を伴う仕事を始めたりと、忙しい一年でした。いろいろと事情があって、仕事は辞めたのですが、今年は、ネットでの手作り品の販売を始めました。まだまだ、売れるところまではいきませんが、もう少し様子をみようと思います。

Diaryに、全然写真を載せていなかったので、今日は、4月に撮影した花をご紹介します。

 

NO.1452

アグロステンマ桜貝です。写真だと、白っぽく見えますが、ソメイヨシノの色に近いと思います。昨年の春は、開花しませんでしたが、今年は種まきがうまくいったようです。

 

NO.1453

観賞用のネコじゃらし、ラグラスです。我が家では、雑草化しています。増えすぎているので、秋に芽が出た時に、抜けばいいのですが、放ったらかしになっています。

 

NO.1454

スナックエンドウの花です。今年は、ルーフバルコニーと南側のベランダの2か所で育てました。大量に収穫ができたので、4月から5月にかけて、たくさん食べられました。息子のお弁当にも大活躍しました。

 

NO.1455

ミッキーという名が付いたパンジーです。ペニーミッキーだったかな。数年前に購入して、冷蔵庫の野菜室に眠っていました。全部、まいてしまったので、今年が最後でしょうか。

2016.5.6(金)
曇り雨

ここ数年、更新頻度が極端に減っていたので、今回の引っ越しはやめてしまって、閉鎖しようかと思ったのですが、残すことにしました。

リンクも、切れてしまっていたり、全然、手をかけていないですね。

それでも、毎年、秋にはチューリップを植えて、パンジーやビオラの種をまき、春には野菜の苗を植え付けたりしています。

今年の春は、秋に種まきしたスナックエンドウが豊作で、まだ収穫して食べています。息子のお弁当にも入れられるので、助かりますね。

 

一年前に、外に働きに出たのですが、朝早い出勤だったため、娘の登校の一時間前に出かけていたのですが、娘の不安が重なり、半年ほどで退職しました。私自身、臭いがダメなので、働ける仕事が限られてしまうため、近所での職探しもままならず、家でできる仕事を考えていました。

ネットショップの構想は、ブログという形で、手作り品を販売しようと思ったのですが、なかなか難しいのが現状です。

2016.4.30(土)
晴れ

一年以上更新していませんでした。このホームページのプロバイダのニフティが、新しいサービスに移行するということで、引っ越しをしなくてはならなくなりました。

2月に、引っ越し準備を始めたのですが、ネットショップを始める準備と重なり、放置状態でした。このまま閉鎖してしまおうか・・・と思ったのですが、無料サービスの範囲なら、引っ越しすることにしました。

これまでは、ニフティが提供してくれたアクセスカウンタとメールフォームが使えなくなるので、変わるのはそこだけでしょう。かなり前にCGIの勉強をして、自分で設置したこともあるのですが、現在は作る気力がないので、とりあえず、設置せずに引っ越しだけしようと思います。

昨年のDiaryで、息子の受験のことを書いていましたが、2月1日に受験した中学に通っています。もう、中学2年生です。早いですね〜。

 

2015.1.27(火)
曇り

新しい年を迎え、いよいよ受験がスタートしました。

住んでいるのは東京ですが、千葉県の学校も通えます。先週、千葉県の中学受験がスタートし、1校だけ受けました。チャレンジ受験だったため、撃沈です。私自身は、簡単には受からないだろうと思っていたのですが、息子の方が本気だったようで、ガッカリしていました。

東京は2月1日がスタートとなります。一度は、受験をあきらめたので、すべてダメだった場合は公立に通う覚悟ができています。受験する学校は、すべて通ってもよいと思った学校にしよう!と決めています。ただ、受験と言うのは何が起こるかわかりません。ここは合格するだろう!と思っていても、ダメなこともあるでしょう。そんな不安もありながら、あと1週間強、悔いの残らないように要点を確認しています。

私が一番行かせたいと思っている学校は、偏差値を考えると合格率が高いのですが、過去問をやらせるとなかなか難しく、どうなるかわかりません。中学受験は、偏差値よりも過去問の相性が重要と言われますが、本当にその通りですね。中学生になれば、心の成長も揃ってくるのでしょうが、小学6年生だと、男の子は幼く、なかなか思い通りの答えに到達できないことがあります。特に国語。得意科目の国語の相性が悪く苦戦しています。

さてさて、どうなることやらですが、年末に家族全員がインフルエンザにかかってしまったので、感染症の心配もほとんどないため、学校を休ませることなく、受験に突入できそうです。

2014.12.19(金)
晴れ

年末を迎え、本当にバタバタの日が続いています。

息子の学年は、何かと問題が多い学年ですが、6年になって新しい先生を迎え、熱気を感じています。何事にも熱い先生で、子どもたちの指導も的確で、まとまりのあるクラスとなってきました。6年生は、運動会で組体操をするのですが、息子は体が硬く、倒立ができませんでした。先生が、自分の体験として、クラス全員が倒立ができるようになった話をしてくださり、日々の体操や練習でできるようになりました。

運動会を無事に終え、次の課題が出されたのですが、なんと、6年生で逆上がりです。最近の小学校では、逆上がりはできなくても特に問題ではないようです。私が子どもの頃は、逆上がりができないのが悔しくて、たくさん練習して出来るようになった友達がたくさんいました。

倒立ができるようになった達成感を逆上がりで!ということだと思うのですが、体重も重くなってきた6年生でできるのか・・・と思っていました。先生は、逆上がりが出来なければ卒業できない。と話したそうですが、男子はそのまま信じていました。私も、受験勉強より逆上がりが大切!と思っていたので、「××先生なら、あり得るね」と同調しておきました。そうしたら、なんと素直にも信じていて、男子は放課後に練習していたようです。

それでも、身長が160センチを超えてしまった息子にとっては、やせ形ではありますが、重いのだと思います。自分の体を支える為の腕の筋肉がないのです。朝晩、腕立て伏せをすると良いよ〜と言って、自主練をやりましたが、なかなかできないようでした。

テストの前日から「雨が降らないかな〜」などと言っていたのですが、晴天。しぶしぶ登校していきました。そんな息子が、帰宅すると「逆上がりができた!」というではありませんか。話を聞いてみると、前日、あと一歩だったようで、テスト直前の15分練習の時に出来るようになったそうです。

母親としては、これで十分なのですが、先生は、他にも鉄棒の技を2つ合格しないといけないと言っているので、今も鉄棒の合格にはなっていません。抱え込み回りというのを練習しています。これもあと一歩らしいのですが、卒業までに何とか合格できるのではないかな・・・と期待しています。

時代の流れでは、ちょっと温度が違うのかな?と思われがちですが、意外と熱血な先生って、子どもたちに受け入れられるようですね。

2014.12.14(日)
晴れ

ゴールデンウィークに更新しようと思っていた文章が残っていたのですが、すでに12月。そのままアップするには古すぎる文章なので、消しました。

昨年度まで、PTA本部の役員をしていたのですが、任期の2年が過ぎ、今年度は、小学校の役員から離れて、ゆっくりできると思っていました。ところが、4月の役員決めの時に6年の卒業対策委員になってしまいました。この役員は、皆さんが嫌がるのでなかなか決まりません。あの黙った雰囲気がとても苦手です。つい、「私もやりますから、一緒にやりませんか?」などと、言いだしてしまったのです。そう、自業自得なのですが・・・。

どうしてあの時我慢できなかったのでしょう。・・・それでも救われたのは、翌日、息子が先生に言われたそうです。「みんなが嫌がる仕事に手を挙げてくれて、すごいなぁ〜」と。息子は、「そんなにすごいことしたの?」と驚いた様子でした。確かに、今になってみると、かなり大変な仕事です。それも、長が付く役回りだし。

そして、現在、コツコツと仕事をこなし、大仕事を一つ、二つと終わらせて、大イベントの謝恩会と卒業式の準備に入っています。ただし、中学受験をする息子がいるので、1月〜2月中旬は卒対の準備の仕事はお休みする!とお願いしてあります。

春が終わり、夏が終わり、とうとう冬に突入しています。受験予定の息子の様子は・・・国語と算数は何とかなっているのですが、社会が壊滅的です。覚えることが人一倍苦手な様子。母である私が社会が一番苦手な科目でもあるため、どう指導していいのか分からないまま、家庭学習で受験を迎えます。

中学受験では、世界の地理なんて、小学校では習わない範囲も出るので、世界地図を貼って確認しています。ノーベル平和賞を受賞したマララさんの出身国、パキスタンの位置は?なんて、問題が模擬試験で出ていました。大人だって知らない(皆さんは、知っているのかもしれませんが、私はわかりませんでした^^;)のに、教えるのは大変です。正解は、インドの隣なんですけどね。

私は、高校、大学の受験の際に、社会が無かったので、本当に常識的なこともわかりません。定期テストは一夜漬け。高校ではひどい成績で、レポート提出!なんてこともありました。だから、息子が社会が苦手なのが、わかりすぎてしまう・・・。覚え方なんて、教えられないし、私の方が知りたいくらいです。興味がないことを覚える苦痛は、逃げ出したくなりますよね。それでも、繰り返し基本的なところを確認しています。全然間に合いそうにありませんが。

2014.2.14(金)

今日も雪が降っています。先週の大雪で、子どもたちは大喜びでしたが、雪を片付ける大人は大変です。8日(土)に予定していた、小学校での漢字検定も中止となりました。私は、PTAの担当だったので、連絡やら手配やらで、前日から大忙しでした。

今日は、バレンタインデーで娘が友チョコを配る予定ですが、この雪でどうやることやら・・・。

1月から、小学校では胃腸炎(ノロウィルス)やインフルエンザB型が流行り、学級閉鎖が続いていました。元気なのに学級閉鎖になった娘は、給食のタンタンメンが食べられないと、残念そうでした。この地域の給食は、驚くほどメニューが豊富です。こんな給食なら、大人も一緒に食べたいと思うほど。転校していった子どもたちは、転校先の給食に驚くらしいです。

先日も、給食を試食する会があったのですが、薄味だけど美味しくて、野菜や魚が盛りだくさんのメニューでした。冷凍食品を使わず、ダシも鰹節や昆布からキチンと取っているようです。砂糖も、上白糖以外に、きび砂糖、三温糖などを使い分けているそうです。これは、予算の関係もあるそうですが、手作りでこれだけのメニューは、家でもマネできないほどですね。

私は、ここ3年ほど、味噌づくりをしています。大豆を煮るのに、少し時間がかかりますが、手間は大したことはありません。今年も、時期をずらして、何度か仕込んでいこうと思っています。1月は、2キロの大豆を仕込んだので、仕上がりが7キロの味噌になります。あと2キロ作る予定です。冬の寒い時期は、毎食、みそ汁を作っているので、消費量が多くなります。

 2014.1.5(日) 
晴れ曇り

明けまして、おめでとうございます。今年も、よろしくお願いします。

この一年、いろいろなことがありました。一年前の冬休みに、息子が受験塾の体験に行き、入塾して中学受験を決めました。ところが、年末に1年通った塾を退塾しました。あと一年、頑張る!と話していたのですが、冬季講習の初日に講師の先生に「これからが勝負!・・・」というようなことを言われ、スッカリやる気をなくしてしまったようです。

今まで、驚くほどの勉強量をこなしていたのですが、今以上に大変になるという重圧に、やられてしまいました。今が辞め時と判断し、引き止められる中、強い意志で辞めました。

”退塾=受験をやめる”のつもりでしたが、家庭学習の習慣がついたので、本人が家でやっていきたいというのです。これは、ママ塾と言われる方法ですが、中堅校を目指して挑戦してみようと思います。算数だけ教えられるので、喧嘩しないように(親子だと感情的になるので)進めたいですね。他の3科目は、今までのペースを見直して、ゆっくりじっくりやりたいですね。

Top