Title_Hanging

Home

ハンギングバスケット

写真を Click してね!

99’04.28

99’03.16

99’03.30

八重咲きマーガレット

ビオラ

ビオラなど

八重咲きマーガレット

ビオラ(黄色)

ビオラなど


97’04.08

97’04.26

97’05.06

97’05.06

2つ並べて

パンジー

パンジーなど

Image Hanging1 (7KB)

Image Hanging2 (7KB)

Image Hanging3 (8KB)

Image Hanging4 (8KB)

Image Hanging5 (7KB)

Image Hanging6 (8KB)

Image Hanging7 (8KB)

Image Hanging8 (8KB)

97’05.09

97’07.01

97’07.01

97’08.01

3つ並べて

ミリオンベル

サフィニア

花手毬

初心者のハンギングバスケット作成のワンポイント!

バスケット選び

初心者には、ウォール鉢と言われる壁に掛けるタイプのものがお勧めです。
(日当たりを考えると、吊す鉢型ハンギングの方がいいかもしれません)

上の写真インデックスでは、「ミリオンベル」、「サフィニア」に使っています。鉢の上部だけに植え込むタイプなのでとても簡単です。この場合、垂れる植物を使うと鉢が隠れるので、豪華に見えます。

1株植えただけで、こんもりとしました。鉢が隠れてしまうので、100円セールの鉢(「黄色いビオラ」で使っています)でも、十分です!

それに慣れたら、側面にも埋め込むタイプの側面型ハンギングに挑戦してみましょう!作るときは、苗の数が多すぎないように気をつけるのがポイントです。2〜3週間後にこんもりする程度に。

植物選び

垂れる(這う)植物バーベナ類(花手毬、タピアンなども含む)、ペチュニア(サファイニア、ミリオンベルなども含む)、キャッツテールツル植物(アイビー、ツルニチニチソウ)

花期の長い植物:主に一年草が扱いやすいでしょう!デージースィートアリッサムパンジービオラロベリア

葉の色が変わった植物:ヘリクリサム
シロタエギクアサギリソウミントリーフなど  「シルバー葉」のコーナーをご参考に!〜まだ、工事中です。しばらくお待ちください。

置き場所

春から秋は、日当たりがよいところに掛けて、マメな水やりをしてください。

真夏は、ほどほどの日差しのほうが夏バテ防止になるでしょう。

冬は、北風に背を向けて掛けてやると、日当たりさえよければ、パンジーなどは満開になります。これは、片面ハンギング利点でもあります。

注意すること

シロタエギク、ヘリクリサムなどのシルバー葉の植物を植えたくなるのですが、これらは成長が著しく、すぐに根が鉢いっぱいになってしまいます。

伸び過ぎないように様子を見ながら、せん定(刈り込む)することを忘れないように!
Top