Title_Pansy

Back

早蒔きの詳しい方法は、1998年夏の早蒔きパンジー経過参考にして下さい。

最終更新日 2000.10.6 レポート終了
IMG2000年夏蒔きパンジー・ビオラ
Image 夏の早蒔きの様子Image

種まき後11週間半
10月6日
10月6日
ナチュレ・エロー

うれしいお知らせです!
種まきから80日たって、やっと花芽が見られるようになりました。
パンジー・ナチュレ・エローに1芽とパンジー・オトノ・トルーブルーに3芽見えています。

4年前の初めての早蒔きでは、2ヶ月で花が咲いたのですが、今年は、2ヶ月半で、やっと花芽が見えたところです。
蒔いた時期や、気温の推移などが違っていたので、簡単に比べられませんが、今年の教訓としては、種まきが早すぎても失敗するということです。
発芽のときだけしか保冷剤を使わなかったので、もう少し長い期間保冷剤を使っていれば、もっと結果が良かったかもしれません。
でも、そんなにマメなことは出来ないし・・・。
と考えると、お盆過ぎに蒔くのが、私にとっては一番楽なような気がします。
蕾が見えたと言うことで、パンジー・ビオラのレポートはここで終了させていただきます。
秋まきの種まきレポートは、Seasonのコーナーで引き続き報告していきます。

種まき後10週間半
9月28日
9月28日
オトノトルーブルー

種まきから72日たちました。
7月の早蒔きのものは、ほとんどが立ち枯れてしまいました。
写真のオトノ・トルーブルーは、何とか生き残っていますが、葉の様子を見ても全然元気がありません。
ハダニがついてしまったようなので、一度だけ薬をかけました。
何とか開花してくれると良いのですが・・・。

先週(9月20日)に蒔いたパンジーやビオラは、やっと発芽が始まりました。
種まきして数日後から、最高気温が20度台になったので、順調にいってくれると期待しています。
9/20蒔き
パンジー:ナチュレエロー、ナチュレホワイト、オルキブルーシェード、インペリアル・アプリコットシェード、ビンゴ・ブルーフロスト、リップリングウォーター(黒に白覆輪)、レモンバイオレット
ビオラ:モリーズシスター
9/27蒔き
ビオラ:ソルベット・YT&T、マロン・ピコティ
Line

種まき後9週間半
9月22日

種まきから66日たちました。
ほとんど変化が見られないので、写真は載せませんでした。
先週、花芽だと思ったものは、間違いで、新しい葉がくるりと丸まっているだけでした。残念。

東京では、今年も、残暑が続いているので、本来の秋まきがなかなかできませんでしたが、やっと9月20日に蒔き直しました。
それでも、気温がまだまだ高いので、涼しい日陰に置いています。
Line

種まき後8週間半
9月15日

オトノ・トルーブルー
オトノ・トルーブルー

ビオラ・ピコティ
ビオラ・ピコティ

種まきから59日たちました。
パンジー・オトノ・トルーブルー(写真上)は、順調に育っていた6苗ですが、1つ立ち枯れてしまい、5苗になりました。
一番育ちの良い1苗を良く見てみると、頂上に花芽になりそうな小さいものが見られました。
種まきから2ヶ月で開花したこともあるので、可能性は大きいですね。

ビオラ・ピコティ(写真下)は、8月6日に蒔いたものなのですが、間引きもせず、今も写真の状態が続いています。
そろそろ、9月の長雨の季節なので、植え替えてもいいかなぁと思っています。
Line

種まき後7週間半
9月7日
ナチュレ・エロー
9月7日ナチュレエロー

9月7日オトノ
オトノ・トルーブルー

種まきから51日たちました。あまり変化がない1週間です。
パンジー・ナチュレエロー(写真上)は、残ったのが約3芽。元気に育っているように見えますが、写真に写っている芽の周りはみんな枯れてしまいました。
パンジー・ナチュレ・エローは、母が楽しみにしているだけに、蒔き直しが必要ですね。

パンジー・オトノ・トルーブルー(写真下)は、順調に6苗育っています。
ここ数日は、最高気温が低めだったのですが、これが続けばこのまま育ってくれることでしょう。

気温との戦いに苦戦しましたが、これからは安心して蒔き直しが出来そうです。
あと1週間くらい様子を見て、最高気温が低ければ、そろそろ秋まきが開始です。
Line

種まき後6週間半
9月1日
オトノ・トルーブルー
9月1日オトノ

9月1日ピコティ
ビオラ・ピコティ

種まきから45日たちました。
前回報告したパンジー・ナチュレエローは、徐々に元気がなくなり、半分以上が枯れてしまいました。

発芽が一番悪かったパンジー・オトノ・ブルー(写真上)は6芽とも元気で、この品種だけが順調です。

種まき後、一番生長が良かったビオラ・ベビー・ブルーアンドホワイトは、1芽を残しているだけとなりました。それも元気がないですね。

8月6日に蒔いたビオラ・ピコティ(写真下)とパンジー・ナチュレホワイトは、イチゴパックに蒔いたままですが、になっていて、間引きもしていません。
本葉が2、3枚の状態が続いていますが、何とか持ちこたえているようです。
写真で見るように、密植しすぎているので、少し間引いた方が良さそうですね。
Line

種まき後5週間半
8月25日

8月25日エロー

8月25日オトノ

8月25日ビオラB&W

種まきから38日たちました。
先週植え替えたパンジー・ナチュレエロー(写真左上)が一番元気に育っています。
ナチュレシリーズはパンジーとビオラを掛け合わせて出来た品種なのですが、その中でも、エローが一番丈夫な気がします。

発芽が一番悪かったパンジー・オトノ・ブルー(写真中央)は6芽だけした出なかったのですが、そのすべてが元気に育っています。
オトノブルーだけ、ポリポットに植えていて、他は育苗トレーに植え替えています。これも何か関係があるのか・・・。

種まき後、一番生長が良かったビオラ・ベビー・ブルーアンドホワイトは、暑さの中、立ち枯れ始めました。
移植したのは、45芽だったのですが、現在残っているのは8芽だけ。
その中でも、元気が無いものもあります。
これからも残暑が厳しくなるようなので、全滅の可能性も出てきました。

今年の暑さでは、7月に種を蒔いたのは、ちょっと早すぎたのかもしれません。
種まき後、台風が来ていないので、ついている!と思っていたのですが、外で幼い苗を育てるには、残暑が厳しすぎますね。

8月6日に蒔いたビオラ・ピコティとパンジー・ナチュレホワイトは、イチゴパックに蒔いたままになっています。
移植すると、暑さに耐えられなくなりそうなので、もうしばらく様子を見てから植え替えることにしました。
Line

種まき後4週間半
8月18日
8月18日

種まきから31日たちました。ちょうど1ヶ月ですね。
本葉は3枚開いています。
昨日、やっと残りの4品種(ビオラ・マロンアンドエロー、パンジー・ナチュレ・エロー、パンジー・ビンゴ・ブルーフロスト、パンジー・インペリアル・アプリコットシェード)を植え替えました。

この時期、気を付けたいのは、長時間、直射日光に当てないことと水やりの加減です。
水やりは、乾きすぎてもいけないし、夜間に湿りすぎてもいけません。
朝の水やりが夕方には適度に乾くというのが理想ですが、これが結構難しいのです。
昨日植え替えた4品種も、少し水をやりすぎていて、根ぐされが出てきました。
タネを蒔いたイチゴパックは、水分調整のために目打ちで穴を開けていたのですが、水はけが悪かったようです。
やっぱり、バーミュキュライトだけで種まきをすれば良かったかもしれません。
これから種まきをするみなさんは、水加減には、十分注意してください。
Line

種まき後3週間半
8月12日
8月12日

種まきから25日たちました。
本葉が2枚開き、3枚目の本葉も見えています。
そこで、昨日、2品種(ビオラ・ベビー・ブルーアンドホワイト、パンジー・オトノ・トルーブルー)だけ、植え替えました。
オトノ・トルーブルーは、6芽しか発芽しなかったので、小さいサイズのポリポットに植え付けました。
ビオラ・ベビー・ブルーアンドホワイトは、たくさん発芽しているので、育苗トレーに植え付けました。間引かずにすべて植え付けたら、45芽ありました。
他の品種も、同じくらい発芽しているので、これを全部育てたら、すごいことになりそうです。
もっとも、生育途中で立ち枯れたり、痛んだりするので、これがすべて開花できるわけではありません。
これからの暑さをどうやって過ごすか・・・台風などが心配です。
Line

種まき後2週間半
8月4日
8月4日

種まきから17日たちました。
双葉がシッカリと開いて、本葉が1枚出始めました。
前回の報告の後、明るい日陰から、少し日が当たる場所に移動させました。
日中は、土を乾かさないようにしながら、保冷剤を敷いた状態で出していたのですが、今日からは、保冷剤をやめてみようと思います。
今のところ、徒長もせず、順調に来ています。
Line

種まき後2週間
8月1日

種まきから2週間ほどたちました。
6品種すべての発芽が揃ってきましたが、まだ双葉の状態が続いています。
発芽率はほとんど変わりませんが、2年前に購入したパンジー・オトノブルーの発芽率が悪いですね。
本葉が出るまで植え替えない予定なので、肥料分の無い土が心配で、今朝、薄めのハイポネックス(2000倍くらい)を与えました。
肥料を与えるには、早すぎかなぁ?とも思うのですが、土に肥料分が入っていないので、試しにやってみました。
Line

種まき後1週間
7月26日
7月26日

発芽が始まっていますが、今年購入したビオラ・ベビー・ブルーアンドホワイトが一番早い生長です。
この時期、一番注意が必要なのは、徒長させないことです。
ここまで生長したら、日中は発泡スチロールの箱の蓋を開けて、できるだけ明るい場所に置きます。もちろん、保冷剤は敷いたままです。
夕方6時頃には、蓋を閉めます。夜、室内の明かりを当てると、徒長してしまうからです。
昨年までは、この時期に1回目の植え替えをしていましたが、今年は、このまま本葉が出るまで置いておく予定です。
Line

種まき7月19日
種まき

今年も、発泡スチロールの箱を使って、パンジーの早蒔きをしました。
小さめのイチゴパックが6つ入ります。
保冷剤、アイスノンは、タオルに包み、イチゴパックの下に置いています。
これを朝1回取り替えて、蓋をして発芽を待ちます。
まだ、夜の気温が30度を越さないので、保冷剤の交換は1度だけにしています。
#Top