Title_Pansy

Back

早蒔きの詳しい方法は、1998年夏の早蒔きパンジー経過参考にして下さい。

最終更新日 2001.10.26
IMG2001年、夏蒔きパンジー・ビオラ
Image 夏の早蒔きの様子Image

8品種だと思っていましたが、書き出してみると全部で10品種でした。

パンジー ブロンズビーコン、ナチュレエロー、ナチュレホワイト、アプリコットシェード、ビンゴデニム、オルキブルーシェード、エクリプス
ビオラ マロンアンドエロー、マロンピコティ、ソルベットYTT、

Line

種まき後、約10週間
10月26日

10月26日

パンジー・ブロンズビーコン

8月21日から約2ヶ月。花芽が見えてきました。花芽が見えているのは、パンジー・ブロンズビーコン、パンジー・ナチュレエロー、パンジー・ナチュレホワイト、ビオラ・マロンアンドエローの4品種。他の品種も、後に続けと言わんばかりに、元気に葉を広げています。

この写真のパンジー・ブロンズビーコンは、冷蔵庫に保存していた3年目の種です。発芽率は50パーセントくらいでしたが、5株だけ育って、全部に花芽が付きました。ビオラの方が花付きが良いと思っていたのですが、今年は、パンジーの方が開花は早そうです。

Line

種まき後、約8週間
10月15日
10月15日

パンジー・ベビー・ビンゴ・デニム

種まきから8週たち、生長のいい苗は、そろそろ花芽を見せてもいいのですが、まだ、蕾は見えていません。

前回と比べて、あまり変わっていないように思われるかも知れませんが、明らかに、葉の大きさが違います。生長を感じますね。

大雨の日も、外に出したまま、放置していましたが、枯れることもなく、耐えていました。もう、立ち枯れの心配もないでしょう。

週に一度の液肥やりも忘れずにしています。あと、どのくらいで開花するか、とっても楽しみです。

Line

種まき後、約6週間
10月4日
10月4日

本葉の枚数が、7、8枚になり、葉も大きくなってきました。液肥は、まだ、1回しか与えていませんが、そろそろ、週に一度くらいにしたいところです。

やっぱり、気温が安定していると、元気にスクスク育ちますね。数日前、2日ほど気温が高くなったのですが、育ちの遅れていた品種が、いくつか枯れてしまいました。ある程度、育っていれば、大丈夫ですが、微妙な時期ですね。

Line

種まき後、約4週間
9月17日
9月17日
やっと、育苗トレーとポリポットに移植しました。全部で150芽くらいになってしまいました。10品種蒔いているので、まぁ、こんなところかな。まだ、気が抜けませんが、芽が落ち着いたら、いよいよ液肥を与えて、大きく育てる予定です。

種まき後、約4週間
9月15日
9月15日

9月11日の台風が過ぎてから移植しようと思っていましたが、まだ、イチゴパックに蒔いたままになっています。

本葉が2枚展開している状態ですね。心配していた徒長はしていませんが、このままでは生長が遅くなってしまうので、数日のうちには、植え替える予定です。


Line

種まき後、約1週間
8月29日
8月29日

発芽が始まっています。徒長(もやしになる)させないために、水分を与えすぎず、昼間、明るい日陰に出す様にしています。

ところが、日曜日、外に出しているのを忘れて、出かけてしまい、気が付いたときには、2つのイチゴパックがカラカラになり始めていました。しまったぁ!と思い、慌てて水をやりましたが、いくつかの芽が、枯れてしまっていました。

イチゴパックによって、土に含まれていた水分量が違っていた様で、他のイチゴパックは大丈夫でした。日中は、この辺の管理が、難しい気温なので、注意が必要ですね。

夜は、室内に取り込んで、ふたを閉めてしまいます。真っ暗だと、徒長することもないので、安心です。

Line

種まき8月21日
8月21日

今年も、発泡スチロールの箱を使って、パンジーの早蒔きをしました。
昨年まで使っていた箱が、汚れてしまったので、新しい箱を用意したのですが、小さかったので、3つになってしまいました。
このところ、気温が低めなので、保冷剤は最初の2日だけ使いました。
#Top