Title_Pansy

Back

早蒔きの詳しい方法は、1998年夏の早蒔きパンジー経過参考にして下さい。

最終更新日 2002.11.27
IMG2002年、夏蒔きパンジー・ビオラ
Image 夏の早蒔きの様子Image

パンジー・ナチュレ・クリアオレンジ
ビオラ・ミニオラ・パープルハート

Line

種まき99日目
11月27日
11月27日

ビオラ・ミニオラ・パープルハートが咲きました。

種まきから3ヶ月で、やっと咲き出しました。同じ時期に種まきをした、パンジー・ナチュレに比べて、3週間も遅れての開花です。年内に楽しむことを考えると、できるだけ、早く咲いて欲しいものですね。

花の色は、きれいですが、来年は、早蒔きリストから、外して、ゆっくり蒔いても良さそうですね。

Line

種まき75日目
11月5日11月5日

パンジー・ナチュレ・クリアオレンジが咲きました。3日ほど前から咲いています。

これまでのオレンジ系のパンジーは、出回っていたものの、花付きが悪かったのですが、花付きの良いナチュレ系にオレンジ色が出来たのは、とてもうれしいですね。

ビオラより、早く咲くとは思っていませんでした。

Line

種まき64日目
10月24日10月24日

パンジー・ナチュレ・クリアオレンジにツボミが見えてきました。種まきから約2ヶ月。年内開花を期待して蒔きましたが、うまくそだったようです。

種まきしてから、1回だけの移植で、ここまで育ちました。手間を掛けなかったので、どうなるかな?と心配でしたが、気温なども味方してくれたようで、今年は大成功だったようです。

チューリップとの寄せ植えで、パンジー12株、ビオラ12株を使い、他に数株植え付けて、残りの50株ほどは、母に託しました。

種まき54日目
10月14日
パンジー

ビオラ

前回のレポートから2週間以上たちました。何もせず、そのまま育てています。

上の写真がパンジー・ナチュレ・クリアオレンジで、葉が青々として光っています。まだ、花芽は見えていませんが、これならチューリップと植え付けても大丈夫ですね。

下の写真は、ビオラ・ミニオラパープルハートです。こちらは、ハダニと、うどん粉病にかかってしまいました。そこで、1週間ほど前に、ハダニの薬「ダブル」をまきました。葉が少し、丸くなっているところもありますが、何とか元気を取り戻しているようです。もう一度、ハダニの薬をまいた方がいいかもしれません。

Line

種まき36日目
9月26日
9月26日

移植してから2回、液肥(ハイポネックス1000倍液)を与えました。

本葉が大きく広がり、3枚〜4枚ほどになっています。育苗トレーに根がいっぱいに回ったら、もう一回り大きいポリポットに植え替える予定です。(あくまで、予定)

移植してから、最高気温が30度を越える日がほとんど無かったので、順調に育っています。徒長することもなく、とっても健康そうな苗ですね。

種まき23日目
9月13日
9月13日

前回の報告の後、一回目の移植をしました。それから4日。本葉2枚まで育ちました。

移植した方が、生長が早い気がします。今のところ、順調ですね。

種まき19日目
9月9日
9月9日

種まき当初、双葉になったら移植する予定でしたが、残暑が厳しいので、苗床のまま様子をみています。

外に出したまま水の管理だけをしていますが、やっと本葉が見え始めたところです。そろそろ気温が下がりそうなので、移植ができそうです。数日中には、1回目の移植をしようと思っています。

種まき6日目
8月27日
8月27日

発芽が始まっています。徒長(もやし状態になる)させないために、水分を与えすぎず、保冷剤で温度管理をしています。

土は、バーミキュライトだけを使いました。昨年までは、ピートモスを3割ほど混ぜていましたが、混ぜるのも面倒になってしまったので、バーミキュライトだけにしました。保湿が弱くなるので、水の管理は気を付けなくてはいけません。

写真の一本根の状態がわかるでしょうか。この1本根のうちに、1回目の移植をしますが、種の殻が取れて、双葉が開くまでもう少し待つ予定です。

Line

種まき8月22日
8月22日

今年も、発泡スチロールの箱を使って、パンジーとビオラの早蒔きをしました。
2品種だけなので、小さめの箱にしました。
苗床の下には、保冷剤を入れています。
#Top