Title_Pansy

Back

Imageパンジーの種まき(夏の早蒔き)
Line

1998年夏の早蒔きパンジー経過
 

Image

夏蒔きの準備
 8月24日 種まき
 8月29日 発根
 8月30日 発芽
 9月1日〜2日 最初の植え替え
 9月11日、18日 植え替え後2、3週間の様子
10月16日 今年の失敗談

Line
夏蒔きの準備
(最初に用意するもの)
パンジー、ビオラの種 種まきするまでは密封して冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう
種まき用の土 土は、消毒済みのものを使いましょう。市販のピートバンなどを使うと便利です。
そうでなければ、新しい(未使用の)ピートモスにバーミュキュライトを混ぜて使うといいでしょう。
種まき用の容器 市販のピートモスを買うと、トレイが付いてくるのでそれを使います。
ポリポット(市販の苗が入っている容器)に1品種ずつ蒔くと管理がしやすいです。
発砲スチロールの箱(ふた付き) クール便の箱をとっておくといいですね。
保冷剤 クール便に入ってくるもので十分です。
アイスノンやビニール袋に氷を入れて使っても良いですね。
保冷剤の上に載せるもの(缶のふたなど) 直接容器に当たらないようにするためなので、ブリキやプラスティックなど何でもかまいません。
霧吹き 水やりは難しいので、霧吹きで乾燥を防ぎます。
#Top

Line
種まき

NO.1 8月24日

種まき床

夏の暑い時期の種まきは、発芽するには温度が高すぎます。そこで、発砲スチロールの箱を使い、温度調節をするとうまく行きます。左の写真は1998年8月24日に蒔いた様子です。
市販のピートバンを4つに区切り、1品種10〜20粒づつ蒔きました。
温度調節には、アイスノンや氷を使って冷やしましたが、保冷剤などがあれば利用してください。

1.容器に土を入れ、水をかけて十分に湿らせておきます。
2.種をパラパラ蒔きます。ピートバンなら、80粒が目安です。
この上に、覆土(軽く土をかける)をする人もいるようですが、私はそのままにしました。
(発根してから、軽く細かいの土(2、3ミリの)を振りかけると根が痛まないそうです)
3.発砲スチロールの箱に保冷剤を入れ、「缶のふた」などを載せます。
その上に、種まきした容器を乗せて、少し霧を吹き、発砲スチロールのふたを少しだけずらして置きます。(写真NO.1
4.箱の大きさや保冷剤によって、冷え方が変わってきますが、朝、晩の2回くらい交換するのが目安です。そのときに、種が乾かないように霧を吹きます。
この方法だと、2、3日で種が割れ始め、発根するのが見えてきます。
(これは種の種類によって差があります)
#Top

Line
Image 発根、発芽

発芽

発芽

NO.2 8月29日

NO.3 8月30日


5.発根した様子は、野菜のアルファルファのような感じです。(NO.2
そうしたら、細かくしたバーミュキュライト(2、3ミリ)をパラパラかけます。発砲スチロールのふたも昼間は半分くらい開けてもいいでしょう。(箱の中の温度に気をつけてください)
6.双葉が見えてきたら、(NO.3)明るい日陰(直射の当たらない室内の明るい場所)から少しずつ、光に慣れさせます。種まき後1週間くらいで双葉になる種類もあります。
同じ条件で、いっせいに種を蒔いても、種の鮮度や品種によって、差がでるので臨機応変に対処しましょう。
ここで、一番注意したいのは、水加減です。双葉が見えてきたら、水分が多すぎると徒長(貝割れ大根のようになる)してしまいます。今回、様子を見ていたのですが、水加減に失敗し、1日で徒長してしまったものもありました。
そんなときは、植えかえるときに深めに植えつけると良いそうです。
#Top

Line
ImageImage最初の植え替え

植え替え後

植え替え後

NO.4 9月1日

NO.5 9月2日

7.本などでは種まき後、本葉が数枚出てから移植すると書かれていますが、早くしっかりした株に育てるには、早く移植したほうが良いかもしれません。(これは、私の経験談です。)ただし、作業を慎重にしないと芽を痛めてしまうので、慣れない場合は、ある程度しっかりした芽(本葉が数枚)になってからのほうが良いでしょう。
8.私の場合は、徒長が恐いので双葉が出てきたときに、ピンセットを使って、小さ目の鉢に植え替えました。(NO.4)この鉢は、直径6センチのビニールのポリポットです。ただ、この時期の管理は、時間のゆとりのある場合にはお勧めですが、留守にする時間が多い方は、本葉が出てからにした方が、無難です。
9.準備していたポリポットが足りなくなったので、翌日、種まき用のジフィーストリップ(NO.5)を使い、さらに植え替えました。これは、ピートモスで作った培養土鉢です。
植え替えをした日から、日中の気温が30度を切ったのはラッキーでした。それに加えて、曇りだったので、外に出しています。晴れていたら、日の当たらない明るい日陰がいいでしょう。(室内は、徒長するので注意してください)
#Top

Line
Image 発芽後2、3週間

発芽して2週間後

発芽して3週間後

NO.6 9月11日

NO.7 9月18日

10.双葉から本場へ生長しています。発芽後は、水の管理が大切です。朝、水やりをするのですが、先の細いジョウロなどでゆっくりと土にかけます。このとき、芽に直接かけないようにしてください。もし、この水やリが難しい方は、トレーなどに水を張り、吸い上げさせます。5分位して水の吸い上げが終わった時点で、溜まった水を捨てましょう。トレーには、水をためたままにしないでくださいね。苗がヒョロヒョロになってしまいます。
夕方、渇き気味の状態になるのが理想です。そして、次の日の朝、同じように水やりをします。
11.発芽後すぐに植え替えたのですが、一週間くらいして(NO.6)本葉が2枚になったので、このあたりから、液体の肥料を薄めて水やリとして与えます。取りあえず、私は1000倍に薄めて与えました。パンジーは、陽射しと液肥で大きくなるといわれているのですが、だからといって液肥を与えすぎてもいけません。昨年は、一週間に一度くらいのペースで液肥を与えていました。
12.さて、NO.6から一週間がたちました(NO.7)。台風がやってきましたが、穴の開いたコンテナに苗を並べ、プラスティックの箱(土を混ぜる容器)を逆さまにして蓋にして、苗たちは外で過ごしました。コンテナの横に空いた穴から多少、風が入ったようですが、4、5苗が痛んだだけですみました。この時期の雨や風は要注意です。台風対策ができないかたは、苗を室内の明るいところに取り込みましょう。準備ができるようでしたら、外でも台風をやり過せます。
Line
1998年の失敗談
前回の報告から、約一ヶ月経ちました。
台風や強風もやり過ごしたのですが、今年はほとんどが枯れてしまいました。原因は、だいたいわかっています。ジフィーストリップ(NO.5)の扱いの失敗です。
ジフィーストリップは、種まき後ある程度大きくなったら、そのまま花壇やプランターに植え付けられるような素材でできています。今回、これを利用したのですが、順調に育ったパンジーは、根が底からニョキニョキ出てきてしまいました。
そこで、このままでは植えつけ時期まで、もたないと判断し、2回りくらい大きいポリポットにジフィーストリップに入ったまま植えました。

その直後から、運悪く悪天候が続き、ポリポットの中が乾かず、根が腐ってしまったようです。結局、ジフィーを使わずに植えていた分だけが残り、張りきって種まきしたのに、今年は大失敗に終わりました。昨年は、順調だったので、秋植え球根の植えつけ時期に間に合い、華やかな秋を迎えたのに・・・
この失敗を来年に生かしたいですね。
残っている、パンジーですが写真で報告するほど大きくなっていません。花が咲いたら、また報告します!
#Top