Title_Pansy

Back

早蒔きの詳しい方法は、1998年夏の早蒔きパンジー経過参考にして下さい。

1999.10.15
IMG1999年夏蒔きパンジー・ビオラの経過!
最高・最低気温は、
四季の園芸(Season)の秋の「種まきスケジュール」をご覧下さい。

Image 夏の早蒔きの様子(1999年) Image

10月15日

 

開花

種まきしてから、11週目で開花となりました。
2株とも「ナチュレ・ピンク」です。
左の花が開花1日目で、右の花が開花2日目です。
花が終わりかけると色が濃くなるようです。
花の大きさは、ビオラを少し大きくしたくらいです。
左の株は、弱々しいのですが、ナチュレは花付きが良いと言われているとおり、蕾が2つ上がってきています。
早く、チューリップと一緒に植え付けたいですね。
取りあえず、今年の早蒔きは、成功です!
残念だったのは、期待していた品種が枯れてしまったことです。
Line

10月12日

 

11週間目の様子

種まきしてから、11週目になりました。
写真の品種は、今年タキイで購入した「ナチュレ・ピンク」です。
(撮影は10月12日)
花が開きかけています。

ナチュレシリーズは、パンジーとビオラの交配種なので、花が小ぶりのパンジーという感じです。
蕾の色がハッキリしてきたのは、この1株ですが、他にも3、4株に蕾が上がっています。
チューリップの植え付け時期に間に合って、今年は取りあえず成功ですね。
Line

10月8日

 

10週間目の様子

種まきしてから、10週目になりました。
写真の品種は、今年タキイで購入した「ナチュレ・ピンク」です。
(撮影は10月7日)
中心に白っぽく写っているのが蕾です!
早蒔きが順調だった一昨年は、8月10日に種まきをして、10月10日に開花しました。
今年は、8月2日に種まきをしたので、10月2日に蕾が見えていなかったので、少し遅れ気味なのかなぁと思っていましたが、何とか一番最初の花が数日中に見られそうです。

早蒔きは、秋に楽しむために蒔いたのですが、55芽鉢上げして、30苗が育っています。
9月の気温が、もう少し低ければ、もう少し育ってくれたと思うのですが・・・。
ナチュレローズ11株、ナチュレピンク10株、ナチュレエロー4株、ナチュレホワイト2株、オトノトゥルーブルー2株、ビオラマロンアンドエロー1株
期待をしていたナチュレホワイトとナチュレエローが育たず、ローズとピンクばかりになりました。
上手くいかないものですね。
Line

10月2日

 

9週間後の様子

種まきしてから、9週目になりました。
写真の品種は、今年タキイで購入した「ナチュレ・ローズ」です。

まだ、蕾は見えていませんが、順調に育っていますね。
ここまで育てば、10月中旬のチューリップの植え付け時に使えそうです。
ただ、ナチュレ・ピンクとナチュレ・ローズばかり育ってしまったので、他の色の組み合わせができそうにありません。
今年のパンジーの種まきも、大成功ということにはなりませんでしたね。
9月に移植作業をしたときには、50株くらいあったのですが、今では半分くらいになっています。
原因は、長引く残暑で、強い日差しに当ててしまったためです。
あっ、と思ったときには、水涸れしている苗があり、少しずつ体力を失っていました。
品種別にまとめて置いていたので、同じ品種が一度に枯れてしまうことになりました。
来年は、1ポットずつ品種を書いて、品種を混ぜて置き場所を変えた方が良さそうです。
Line

9月18日

 

7週間後の様子

種まきしてから、7週目になりました。
写真の品種は、今年タキイで購入した「ナチュレ・ピンク」です。
これは、昨年、ガーデンパンジーという名で出ていた品種です。
パンジーとビオラの掛け合わせで、花の大きさがパンジーより小さく、ビオラより大きいサイズです。
無理な早蒔きをしないと書かれていましたが、早蒔きには問題が無かったようです。
今年の早蒔きは、この「ナチュレ」を4色「白、黄色、ピンク、赤」を蒔きました。(青は、昨年の残り種、オトノブルーを蒔きました)
他にもビオラなどを蒔いています。

一番生長がいいのが、ピンクと赤です。
この調子だと、秋の開花が期待できそうなのですが、秋の長雨の時期になると湿度の関係なのか、枯れてくる苗が増えてきます。
何とか乗り切って欲しいですね。
Line

9月6日

 

1ヶ月後の状態

種まきしてから、1ヶ月が経過しました。
生長の早いものは、本葉が4〜5枚になっています。
日光に当てているので、水切れが心配ですが、水のやり過ぎも徒長の原因になります。
まだまだ気が抜けない状態です。

育苗トレーは、つながっているので管理しやすいのですが、枯れてしまった芽の場所が空いています。
無駄な場所ができているので、早くポリポットに移植したいと思うのですが、トレーの底の穴から根が出ていません。
ポリポットへの移植をいつにするのか、難しいですね。

土の状態ですが、ちょっとコケが生えています。
水持ちを良くするために、ピートモスを使うのですが、どうしてもコケが生えてしまいますね。
これが嫌なので、早く植え替えたいと思っています。

9月に入って、最高気温が下がってきています。
30度を切ると、管理が楽ですね。
外に出しっぱなしでも良いのですが、気を付けたいのは、夕立に当てないことですね。
Line

8月27日

 

25日後の状態

ここ1週間くらいで、本葉が出始め、現在は、生長の早いもので、本葉が3枚目が出始めています。
今の時期は、朝、土の状態を見て水やりをし、午前中の日差しが当たる場所に置いています。夜も、外に出したままです。

この時期に注意したいのは、夜の土の状態です。
夜間に水分が多いと、徒長の原因になるようです。水やりはできるだけ朝にするのがポイントです。
ただ、カラカラになると手遅れになるので、夕方の水やりも臨機応変に考える必要がありますね。

本葉が展開してきたので、2回目の液肥(1000倍)を与え、大きくなるのを待っています。

今年の夏は、暑い日が続いているので、水やりが難しいですね。
乾かし過ぎるとすぐに枯れてしまうし、水をやりすぎると徒長してしまいます。
朝晩の土の状態チェックがかかせませんね。
Line

植え替え8/8〜

 

1回目の植え替え

発芽した順に、育苗トレーに植え付けました。私は、双葉が出たところで最初の植え替えをします。これは、根が1本スッと伸びた状態なので、植え替えがしやすいのです。
本などでは、もっと根が充実してから植え替えるように書かれていますね。
私は、早い植え替えの方が管理しやすいので、種まきから一週間〜10日を目安にしています。

昨年は、強風で幼苗を痛めたので、発泡スチロールの箱を風除け代わりに使うことにしました。
箱の大きさに合わせてトレーを切り、いつでも移動できるようにしています。これなら、台風の時も簡単に室内に取り込めますね。
Line

種まき8月2日

 

種まき

今年も、発泡スチロールの箱を使って、パンジーの早蒔きをしました。
イチゴのパックが4つ入る大きさの箱です。
保冷剤は、タオルに包み、イチゴパックの下に置いています。
これを朝晩2回取り替えて、蓋をして発芽を待ちます。
#Top