Title_Season

Home

Image秋の種まきレポート2(2000年秋)

最終更新日2000.12.28

最新情報(開花状況)
種まきの様子
2000年の秋の種まきは、残暑が厳しく、なかなか始められませんでした。
種まきの適温の時期が短くなると思うので、一気に種まきをしています。
自家採種した種は、発芽率が心配なものもあります。
Line

12/28(木)
パンジー・インペリアル・
アプリコットシェード
アプリコットシェード

ナチュレ・ホワイト
パンジー・ナチュレ・
ホワイト

今朝、秋まきパンジーの2品種が開花しました。
咲いたばかりで、開ききっていませんが、早く報告したくて、撮影しました。

パンジー・インペリアルアプリコットシェードは、毎年、苗を2株ほど購入して、チューリップの球根と一緒に植え付けていました。
今年は、夏蒔きに挑戦し、10月に寄せ植えをする予定でしたが、これが大失敗。
9月下旬に蒔き直したものが、やっと12月になって咲いたのです。
そんなわけで、ポリポットに入ったまま開花してしまいました。
早く植え付けないとぉ・・・。

パンジー・ナチュレシリーズは、開花が早いので、これも早蒔きしたのですが、失敗。
9月下旬の蒔き直しの苗が、やっと開花しています。
ナチュレは、ビオラとパンジーの掛け合わせなので、寒さに強く花付きが良いので、定番になっています。
中でも、白をたくさん育てたいと思っていたのですが、予定通りにはなりませんでした。
年内開花になっただけでも、”良し”としなくてはいけませんね。

12/26(火)
ビオラ・ピコティ
ビオラ・ピコティ

ディモルフォセカ
ディモルフォセカ

やっと、夏蒔きのビオラ・ピコティ(写真上)が咲きました。
毎年、ピコティと同色の「春咲きのパンジー・エクリプス」を気に入って育てているのですが、春咲きということで、冬の間を楽しみたいと思って、ビオラ・ピコティを蒔きました。
なかなか開花しなかったので、またしても冬を彩る花にならないと、悔しい思いをしていましたが、年内開花となりました。

年々、冬の最低気温が高くなっていて、今年も12月は平年より3度くらいは高い感じです。
そのためなのか、春に咲くディモルフォセカに蕾が見えています。
他に、1月下旬に咲き始めるリナリアにも蕾が見えてきました。
気温の予想だけは、思うようにいかないので、種まき計画が予定通りにならないのですが、早めの開花はうれしいものですね。
ただ、急激に寒くなると、生長した分だけダメージも大きいのですけど。
もっと前を見る
Line

種まき日

タネの種類

9/20(水)

パンジー7種、ビオラ3種(早蒔きの失敗により、蒔き直し)
パンジー:ナチュレ・エロー、ナチュレ・ホワイト、インペリアル・アプリコットシェード、ビンゴ・ブルーフロスト、オルキ・ブルーシェード、リップリングウォーター、レモンバイオレット
ビオラ:
ソルベットYT&T、マロンピコティ、モリーズシスター

9/27(水)

キンギョソウ・プリンセス・パープルアイ、ディモルフォセカ・オレンジ、フロックス・ボビーソックス、レタス、ミニニンジン

9/28(木)

ロベリア:ケンブリッジブルー、ブルーカスケード、スノーボール、
ネメシア:KLM、ブルージェム、タペストリー白、タペストリー黄、
ギリア:カピタータ、トリコロール、
ビスカリア:チェリーブロッサム、ブルー、
リナリア・ホワイト、矢車草(赤紫)、アスペルーラ、シレネ・ピーチブロッサム、アグロステンマ・ギタゴ、ルピナス(青)、シノグロッサム、セラスチューム、ウォールフラワー、ポピー・オレンジ、白花たんぽぽ、桃色たんぽぽ、フェリシア、ニーレンベルギア(紫)、ラグラス、フィビキア・ロマンシール、カスミソウ、メコノプシス、パンジー・エクリプス、純白スミレ

9/29(金)

葉からし菜、ニゲラ


10/6(金)

ラケナリア(5品種):ユニカラー、アロイデスビーソニー、ナスクエンシス、L.reflexa、品種不明のもの

10/8(日)

ストック(藤色)

10/9(月)

シノグロッサム(蒔き直し)、シレネ・ピーチブロッサム(追加)など

10/13(金)
10/17(火)

秋植え球根の植え付け
ラナンキュラスの芽だし(10/26)

11/27(月)

ユリの植え替え

Top