Title_Season

Home

Image秋の種まきスケジュール(1999年秋)

もっと詳しく書きたいのですが、思ったようにまとまりません。
種まきをレポートすることにしたので、参考になさってください。

Image

最高、最低気温表

Image

種の分類

10/21(木)

シレネ・ウォール

種まき状況:
9月7日に種まきしたシレネ・スノーボール(写真左半分)とウォールフラワー(写真右半分)の様子です。

10月2日の報告のレポートのときは、シレネは、まだポリポットに入っていましたが、その後、育苗トレーに移植しました。
ここまで育ってしまうと、球根と一緒に植え付けたり、もっと大きめのポリポットに移植しないと窮屈な感じですね。

9月7日蒔きは、他に、アグロステンマ、エンジェルヘアー、オキシペタルム、カスミソウ、ギリア、キンギョソウ、小判草、サポナリア、ストック、ストロベリートーチ、色タンポポ、リナリア、矢車草、ビオラ、パンジーなどが順調に育っています。

ただ、9月27日蒔きの低温発芽の種は、ロベリア、ネメシアなどは発芽していますが、気温が高すぎてあまりよい状態ではありません。
これから急激に寒くなっても育たないし・・・ちょっと、悩めるところです。

10/2(土)
アグロステンマ・ギタゴ

シレネ・スノーボール

種まき状況:
9月7日に種まきしたアグロステンマ・ギタゴ(写真左上)やシレネ・スノーボール(写真左下)などを移植しました。

私の場合、たくさんの品種の種を蒔いているので、場所を取らない方法として、ポリポットに蒔いています。
この方法は、発芽が順調にいったときには、ちょっと面倒です。
発芽してから移植までの間、込み合った状態が続きます。
アグロステンマ(写真左上)のようになってしまうと、土を崩しながらの移植作業になってしまうので、根を傷めてしまう場合があります。
種まきの初心者は、ここまで生長させる前に、1芽、2芽と間引きながら、シレネ(写真左下)のように、隣がぶつからない程度までにすると失敗が少ないですね。

種まきの品種が少ない場合には、イチゴの容器などを使って、広い面にパラパラと蒔いて下さい。
そうすると、間引き作業が少なくてすみます。

東京の気温を見ていると、これからでも種まき作業は間に合います。これから蒔いても、間に合うでしょう!
週末の園芸作業に種まきをしてみては!

10/1(金)

種まき状況:
9月27日に種まきした中で、ギリア・トリコロール、ネメシア・ブルージェムなどが発芽し始めました。
先日報告したように、ギリア・カピタータも最近になって発芽したので、間違いなくの分類で良さそうです。

ネメシアは、春に種を自家採取したものを色別に蒔いているのですが、一番最初に発芽したブルージェムは、今年T&M社で購入した種です。
やはり、業者で管理していたものは、発芽も早いですね。

昨年の残暑も厳しかったのですが、今年も暑さの戻りがあって、種まきがスムーズに進みません。
最高気温・最低気温を見ても、平均的に平年よりも5度前後高めの気温になっています。
パンジーの早蒔きに成功した2年前の9月は、秋分の日(23日)に長袖のトレーナーを着ていました。(姪の運動会でした)
今日も私は、半袖のTシャツです。これだけで、種まきの難しさがわかりますね。

9/28(火)

種まき状況:
9月7日に種まきした中で、発芽していなかったギリア・カピタータがやっと発芽しました。
ギリアは、昨年、一昨年と失敗しているのですが、どうやら分類を間違えていたようです。気温が高いと発芽しないようなので、に入れるべきですね。

昨日9月27日、やっと分類Bの種を蒔きました。
手持ちの種を選びながら蒔いたつもりですが、分類Aと合わせると、いったい何種類の種を蒔いたの!!と思うほどです。
昨年から、母が管理する花壇ができたので、余剰苗のもって行き場が増えました。
「いくらでも種まきしてもいいよ!」と言われ、調子に乗って蒔いています。
たくさんの種類を少しずつ蒔いているので、こんなに蒔いても、冬の間に枯れてしまったり、発芽しなかったりで、全部成功するわけではありません。
来春、写真で報告できなかった場合は、失敗したと思って下さいね。

9月27日の種まき

アスペルーラ、アリッサム、オダマキ、オーブリエタ、ギリア、ナデシコ、シノグロッサム、スモークツリー、千鳥草(ラークスパー)、ツルバギア、ディモルフォセカ、ニゲラ、ネメシア、姫小判草、ムラサキハナナ、ラグラス、リナム、レゴウシア、ロベリア、ワーレンベルギア


9/22(水)

種まき状況:
9月7日に種まきした中で、発芽していなかったオキシペタルムとゴウダソウ(小判草)の芽が出てきました。
先週末から最高気温が30度を切るようになってきたので、そのせいでしょう。
種まきから2週間が過ぎているので、ほとんどあきらめていましたが、乾燥させないように水やりだけはしていたので、芽が出てきたようです。もし、水切れをさせてしまっていたら、種が傷んで発芽しなかったでしょうね。

そろそろ、に分類した種を蒔こうと思っていますが、台風18号が近づいているのが気になります。
種まき床と苗は、室内に避難させなくてはならないので、ちょっと思い切れません。
今週の予定を考えると、今日種まきをしておきたいのですが、どうしようか考えています。

9/18(土)

発芽の様子

種まき状況:
9月7日に種まきした中で、元気に発芽したものだけを集めて撮影しました。
間引きをいつしようかと、悩んでいます。
アグロステンマやカスミソウなどの双葉が大きめのものは、早いうちに間引かないと根が絡まってしまうので、そろそろ始めようと思っています。。
発芽気温が低めのに分けた種(ネメシアやロベリアなど)は、まだ種まきをしていません。
昨日、今日の気温なら種まきの適温なのですが、明日から残暑が戻ってくると言うことなので、もうしばらく待つことにしています。
9月3日に春用のパンジーの種まきをしたのですが、残暑の影響なのか、発芽が悪く、ほとんどが壊滅状態です。
まだ、種が残っているので、もう一度蒔いてみようかと思うほどです。


9/13(月)

アグロステンマ・ギタゴ

ストック

種まき状況:
9月7日に種まきしたものは、順調に育っています。
上の写真は、アグロステンマ(ギタゴ)です。2年前の種ですが、密封して冷蔵庫の野菜室の保存していたので、発芽は問題ないようです。
でも、同じアグロステンマの桜貝という品種は、今年、自家採取した新鮮な種なのですが、発芽が遅れています。

新たに発芽を確認したのは、ビオラ(ソルベット)、パンジー(ナチュレ・エロー)、シレネ(ピーチブロッサム)、ストロベリートーチ、矢車草(赤紫)、キンギョソウ(白)です。

下の写真は、ストック(藤色)です。
ストックは、1つの品種から一重咲きと八重咲きが咲くのですが、双葉の形で見分けられるそうなのです。
昨年、一重咲きと八重咲きの見分けるのを失敗したので、今年も挑戦しています。
今年は、発芽の状態が良いので、上手く行くかもしれません・・・今のところ、みんな同じに見えるんですけど。

9/10(金)
カスミソウ

種まき状況:
9月7日に種まきをした中で、すでに発芽が始まっています。
アグロステンマ(ギタゴ)、ウォールフラワー(オレンジベッダー)、シレネ(スノーボール)、カスミソウ(左の写真)、桃色タンポポ、リナリア(ブルーグッピー)
の6品種です。
昨日の東京は、最高気温が34度を越していましたが、涼しい日陰に置いてあるので、発芽には、影響していないようです。
3日目でこれほどの数が発芽するとは思っていませんでした。
これまでは、もう少し涼しくなってから種まきをしていましたが、失敗が多かったのです。
今回のことを考えると、私が体感していた気温より高めの時期に種まきを始めても良さそうですね。
ただ、土が乾きやすいので、水やりの具合などの調整には注意が必要ですね。


9/8(水)

種まき状況:
昨日(9/7)、パンジー&ビオラ以外の種を蒔きました。
最高気温は30度くらいで、まだ、高いのですが、南側のベランダは、強風のおかげで、日陰部分は気温が体感温度は低いのです。
涼しい日陰での種まきなら、そろそろ始めても良い頃です。
今回の種まきは、下のに分類される(と思われる)ものを蒔きました。
9/3に種まきをしたリナリアは、昨日の夜、発芽を確認しました。
に分類されるかな?と思っていたのですが、試しに蒔いていたものです。
この辺の判断は、種まきの条件(気候など)によって変わってくるのでしょうね。

9月7日の種まき

アグロステンマ、ウォールフラワー、エンジェルヘアー、オキシペタルム、カスミソウ、ギリア、キンギョソウ、小判草、サポナリア、シレネ、ストック、ストロベリートーチ、フィビギア、桃色タンポポ、リナリア、矢車草、(ビオラ、パンジー追加分)

9/4(土)

種まき状況:
昨日(9/3)、第2回目のパンジー&ビオラの種まきをしました。
夏の早蒔きは、秋の開花を期待して蒔くのですが、今回は春に咲けばいいと思っているものを蒔いています。
他にも種がたくさんあるので、順を追って蒔区予定です。

9月3日の種まき

パンジー、ビオラ、リナリア


9/3(金)

種まき状況:
東京では、昨日、今日と涼しくなりはじめています。
日差しが少ない分だけ最高気温が低くなってきたのかもしれません。
週間予報を見る限りでは、そろそろ日陰での種まきができるかもしれません。
今日の予報では、最高気温想が27度となっています。
このままこの気温が続くといいですね。
Top
Line

最高、最低気温表
 

最高気温(平年最高気温)

最低気温(平年最低気温)

10/20(水)

16.5(20.7)

11.5(13.5)

10/19(火)

17.3(20.8)

11.5(13.6)

10/18(月)

19.1(20.8)

13.2(13.8)

10/17(日)

17.7(21.0)

15.5(14.0)

10/16(土)

22.3(21.1)

16.7(14.2)

10/15(金)

18.7(21.2)

16.5(14.3)

10/14(木)

29.2(21.3)

21.0(14.5)

10/13(水)

27.8(21.5)

21.1(14.7)

10/12(火)

28.9(21.7)

19.5(14.9)

10/11(月)

26.0(21.8)

15.8(15.1)

10/10(日)

23.0(22.0)

15.7(15.3)

10/9(土)

22.2(22.2)

18.0(15.5)

10/8(金)

24.6(22.4)

21.2(15.7)

10/7(木)

26.5(22.5)

19.6(15.9)

10/6(水)

24.8(22.6)

17.8(16.0)

10/5(火)

20.7(22.7)

17.1(16.2)

10/4(月)

22.9(22.8)

18.3(16.3)

10/3(日)

27.1(23.1)

25.1(16.5)

10/2(土)

29.2(23.2)

21.7(16.8)

10/1(金)

26.3(23.4)

23.0(17.0)

9/30(木)

31.1(23.6)

21.6(17.2)

9/29(水)

24.1(23.9)

20.9(17.5)

9/28(火)

29.8(24.1)

21.5(17.7)

9/27(月)

27.8(24.3)

20.8(17.9)

9/26(日)

30.0(24.5)

25.2(18.1)

9/25(土)

23.2(24.7)

27.0(18.3)

9/24(金)

28.0(24.9)

21.2(18.5)

9/23(木)

26.7(25.0)

18.0(18.6)

9/22(水)

20.6(25.2)

19.8(18.9)

9/21(火)

28.8(25.4)

25.9(19.1)

9/20(月)

30.6(25.7)

25.5(19.3)

9/19(日)

29.5(25.9)

22.6(19.6)

9/18(土)

26.2(26.1)

22.0(19.8)

9/17(金)

23.6(26.4)

20.9(20.0)

9/16(木)

26.7(26.6)

22.0(20.2)

9/15(水)

30.4(26.8)

27.1(20.4)

9/14(火)

34.1(27.0)

25.8(20.6)

9/13(月)

32.0(27.2)

25.6(20.8)

9/12(日)

33.7(27.4)

26.6(20.9)

9/11(土)

32.0(27.6)

25.3(21.2)

9/10(金)

31.8(27.6)

25.3(21.2)

9/ 9(木)

33.5(28.0)

25.9(21.6)

9/ 8(水)

32.8(28.3)

25.8(21.8)

9/ 7(火)

30.0(28.6)

25.4(22.0)

9/ 6(月)

29.4(28.8)

24.2(22.2)

9/ 5(日)

29.6(29.0)

22.6(22.3)

9/ 4(土)

27.0(29.2)

25.3(22.5)

9/ 3(金)

29.0(29.4)

22.0(22.6)

9/ 2(木)

30.2(29.4)

24.9(22.7)

9/ 1(水)

34.2(29.5)

27.5(22.8)

東京の気温、湿度を載せています。
(参考:読売新聞の「各地の気温と天気」)
Top
Line

種の分類

種まきは、気温や地域によって違いがあるので、参考程度にご覧下さい。
(東京都23区)
種を蒔く時期によって、3つに分けてみました。
アグロステンマ、ウォールフラワー、カスミソウ、ギリア、キンギョソウ、シレネ、ストック、ストロベリートーチ、ディモルフォセカ、パンジー、ビオラ、ムラサキハナナ、矢車草、ラグラス
ネメシア、ニゲラ、シノグロッサム、ロベリア
デルフィニューム、ラークスパー

Line

秋は、暑さをどう判断するかで、種まきの時期を考えます。
(春は、暖かくなるのを待ちます。)
9月上旬から10月上旬くらいまでの長い期間で発芽可能と思われるものを選んでいます。秋まきのほとんどは、種袋には、この期間が表示されているので、だと思います。
9月下旬を目安にしています。
ある程度、気温が下がり始めないと発芽しないものです。
(種まきが早すぎて失敗したものをBに区分しています。)
さらに気温が下がってから発芽するものです。

Line

気温の感じ方

いつ蒔くのか!というのは、肌で気温を感じながら判断しています。
昨年は、夏が涼しかったのですが、9月の残暑が厳しく、種まきがなかなかできませんでした。
最高気温が下がり始めても、急に暑い日がやって来たりします。
逆に、急に涼しくなって、蒔き時を逃してしまうこともあるかもしれません。
私の大体の目安としては、最高気温が25度前後になったら、種まきを考え始めます。
最高気温が30度くらいでも、朝晩が涼しければ、蒔ける場合もあるのですが、種まき初心者には、扱いが難しいかもしれません。

Line


Top