Title_Season

Home

 Image四季の仕事 冬眠の準備

我が家の冬の準備を紹介します。
冬の園芸作業をまとめようと意気込んでいましたが、これというポイントが見つからず、私の冬眠園芸をご紹介します。
秋は、宿根草、多年草などの植え替え作業に明け暮れ、春に咲く球根の植えつけなど、たくさんの作業があります。冬を迎え、「さて、何をするのかな?」と、思われる方もいらっしゃるでしょう。
まずは、冬越しの準備です。

冬眠の準備 
秋植え球根は、すでに植付けが終わり、どんな作業があるのでしょう。
まずは、寒さに弱い植物の置き場所の確保を検討します。
以前は、冬越しのために、たくさんの鉢を室内に取り込んでいました。
我が家は室内が狭いため、植物に部屋を占領されると、とても住み心地が悪いので、昨冬、スパルタ園芸を実行しました。
対策としては、
 Image 3年前に購入した屋外用の無加温のフレームの利用
 Image 建物寄りのヒサシ(軒下とでも言いましょうか)で屋外対策
 Image 雪や風を除ける(鉢を寄せて)
 Image 室内に取り込む
となります。
室内にはできるだけ取り込みたくなかったので、フレームに入らないシンビジュームだけを入れました。

無加温フレームの利用 Back
通信販売のカタログを見て購入した、カーボン樹脂で出来ている英国製のフレームです。
組み立ては、自分でしなくては行けなかったのですが、日本製と違って、作りがいい加減ですね。
どうやっても、入らないネジがあったり、格闘しました。
購入当初、強風の日に屋根を飛ばされてしまい、波打った板を購入して自分で修理しました。
強風には耐えられないので、風の強い日には、フェンスに括りつけています。

フレーム

’98.11 現在、フレームには、秋に蒔いた苗を入れています。
今年は、ロベリア、ネメシア、アレナリアなどが好調だったので、大部分を占領しています。
他には、ミニ洋蘭のカトレアなどを入れました。
ほんの少し空いている場所に、このあと2、3種類の苗を入れる予定です。

上の写真を
Click
してね


屋外対策 Back
無加温フレームに入り切らなかった植物をどうするか。それが一番の問題です。
一年草と言われているものは、種を採っておくか、それを限りとあきらめて来春、改めて株を購入することにしました。このへんを割り切ることで、負担がかなり減っています。
 
夜の気温が下がってくると、痛んでしまう植物があります。
特に、葉や茎に水分を含んでいる植物は注意が必要です。
代表的なものは、カランコエ、ベゴニア、サボテンなど。
これらの植物は、ヒサシの下に背もたれのないベンチを置いて、その上に乗せておきます。バルコニーは部屋の東側にあるので、建物寄りのヒサシの下なら、北風に当たりにくくなります。
(私の経験では、我が家のサボテンは雪がかかっても、大丈夫でした。)

見取り図
見取り図

雪が降ると予報された場合は、なるべく雪がかからないように、鉢を移動させますが、チューリップ、ムスカリ、水仙などはそのままにしています。
東京で降る程度の雪なら、パンジーにかかった雪も、止んでから振り払うだけで、大丈夫でした。
霜に弱いといわれているフリージアやアルストロメリアは、直接かからない方が良いかもしれません。

上の絵を
Click
してね


雪や風を除ける(鉢を寄せる)Back
冬は、北風が強くなり、寒さで凍える日が続きます。
ヒサシの下に取り込めなかった植物は、一体どうやって冬を乗り切るのでしょうか。
それは、鉢を寄せ合うことでお互いを助け合うのです。

見取り図
見取り図

一年中、風の強いルーフバルコニーでは、強風対策が冬の北風対策にも役立ちます。
まずは、吹きっさらしのバルコニーの風を弱めるために、ホームセンターなどで手に入る「防風シート」をフェンスに取りつけました。でも、広すぎるバルコニーでは、これはあまり役立ちませんでした。

上の絵を
Click
してね

そこで、広いバルコニーを小さい範囲で囲むことにしました。
ガーデンテーブル、ベンチ、3段になっている花台を2つ背合わせにして置くことで、3方を囲むのです。囲まれたところをウッドデッキを敷いて、見栄えを良くしています。
これは、強風対策のためだったのですが、南風、北風の両方に効き目があります。
 
植物の性質がわかるようになってくると、ガーデンテーブルの上には、季節の風に強い植物を置くようになります。冬だったら、チューリップ、ムスカリ、水仙などと一緒に植えたパンジーやビオラの寄せ植えを置きます。この寄せ植えは、ある程度の風に耐えられることがわかりました。
ベンチは、北に背を向けて置いているので、ここは、比較的風を気しなくても良い場所です。好きな寄せ植えを適当に配置しています。
3段の花台は、南側になるので、冬はそれほど風が気になりません。
ウッドデッキには、鉢を寄せ合うことで、それぞれが持たれ合って、助け合うことがわかりました。
 

室内に取り込む
部屋の中では、一年中室内の観葉植物や、秋になって取り込んだ子宝ベンジャミン、シンビジュームなどが冬を越します。
昨年は、キッチン用のホットマットを使い、夜間だけミニカトレアを保温していました。でも、過保護にし過ぎたせいなのか、部分的に腐ってしまったので、今年は外の簡易フレームに入れて、冬を越させるつもりです。
冬の室内は、想像以上に乾燥しています。一昨年は、子宝ベンジャミンにカイガラムシが大発生し、シンビジュームの蕾が黄色くなって落ちてしまいました。それ以来、温室時計をパソコンの前に置いて、いつでも室内の湿度が見られるようにしています。
こうして、ホームページを作成していても、湿度計がすぐ目の前にあるので、気をつけることができます。
何かの本で、ペットボトルを使って、 簡易的に保温する方法を見たことがあります。
Newペットボトルの利用法 2つ作ってみたので、今年はミニカトレアを2鉢ここに入れて冬越しする予定でしたが、鉢が入りませんでした。小さい鉢をお持ちの方にお勧めかな。

最後に
今のバルコニーは、4年目の冬を迎えています。
毎年、失敗を繰り返しながら、植物にあった場所や過ごし方がわかってきました。
私の方法は、東向きに位置する「日当たり良好&強風」のルーフバルコニーの経験談です。みなさんのお住まいの地方や条件によって、変わってくると思います。どうぞ、いろいろと試してみて、住まいに合った植物の育て方を見つけてください。
少しでも、お役に立てると幸いです。

Top