Title_Tulip

Back

ImageチューリップImage
Line

Image

植え付け方法(鉢植えの場合)

Image

1998年の植え付けレポート

Image

チューリップの寄せ植え例
Line


植え付け方法(鉢植えの場合)
植え付け時期 東京では、10月中旬からが適期です。
あまり急いで植え付けると、気温が高くなったときに球根が痛んでしまうことがあるので、気を付けて下さい。
球根の準備 球根は、茶色の皮をむいて、殺菌剤(*注.ベンレートなど)に30分くらい浸けておきます。
用土 土の準備をします。
鉢にゴロ土(鉢底用の土、軽石の大粒、赤玉の大粒など)を入れます。
草花用の培養土か、自分でブレンドした土(赤玉6割+腐葉土4割+肥料)を鉢の8分目くらいまで入れます。
植え付け 球根は、先が少し見えるくらいに植え付ける方が、病気になりにくいので、浅く植えて下さい。
鉢植えでは、来年も球根を咲かせるのは、かなり難しい(根が張ることができず球根が太れない)ので、寄せて植えて、ボリュームのある密植を楽しみましょう!
水やり 冬の間に水やりを忘れると、チューリップは春に咲きません。
特にチューリップは、冬の水切れで失敗するのです。
そこで、私は、葉のある植物との寄せ植えをお勧めします。(下の写真を参考にしてください)
置き場所 日当たりの良い場所を好みます。
冬の間は、芽が出てこないのですが、日陰に追いやらないようにしましょう!
チューリップは、寒さに当てる必要があります。室内に置かず、外に出しておきましょう!
鉢の選び方 初心者は、素焼き鉢(テラコッタ含)を避け、プラスティックの鉢に植え付けましょう。素焼き鉢は、水切れをおこしやすいので、失敗する可能性が高くなります。
もちろん、慣れた方は、どんな鉢に植えても大丈夫です!
*注.殺菌剤のベンレートですが、水に溶けにくく使い勝手が悪かったのですが、
先日、「ベルクート(三共)」という水に溶けやすい殺菌剤を知りました。
まだ使っていませんが、父の話だと、とても良く溶けるそうです。

#Top

Line

1998年の植え付けレポート

1998.10.12
球根の植え付け

今回のレポートでは、テラコッタの鉢に植えています。
チューリップの品種は「アプリコットビューティー」です。
中心には、発芽が早いムスカリ(紫色)を植え付けています。

1998.11.23
6週間後(発芽)

植え付けて、6週間後の写真です。
ムスカリは、早くも葉を出しています。
こうなっていれば、水やりを忘れなくてすみますね。
チューリップの先が白く見えているのがわかるでしょうか。
この鉢は、テラコッタなので乾き方が早いので注意が必要です。写真でも、土が乾いた感じに写っていますね。

1999.4.13
6ヶ月後の開花

春がやってきました。
植え付けから、ちょうど6ヶ月目です。
曇った日に撮影しているので、花の色もそのままに写っています。
ムスカリの方が、開花期間が長いので、チューリップが枯れてしまったあとは、ムスカリを楽しむことが出来ます。

1999.4.15
6ヶ月後の開花

こちらは、2日後の晴れた日に撮影した写真です。
晴れた日は、チューリップも開き気味になります。
色は、太陽の光で白っぽく飛んでしまっています。
ムスカリが陰になってしまって、わかりにくいですね。
#Top

Line

チューリップの寄せ植え例
(冬の水切れを無くすために)

白いパンジー

パンジーナチュレ

白いキンギョソウ

白いパンジーとチューリップ

ブルーのパンジーとチューリップ

白いキンギョソウとチューリップ

白いパンジーは、冬の間ポツリポツリと咲いていました。パンジーより、ビオラの方が花付きがいいので、秋から楽しむなら白いビオラの方が良かったかもしれません。 パンジーナチュレは、タキイから発売されたパンジーとビオラの掛け合わせた新しい品種です。
両方の良いところを取っていて、秋から冬、春と花がたくさん咲きます。
他に白、黄、桃、赤、があります。
一番のお勧めが「ナチュレシリーズ」ですね。
秋にキンギョソウの苗を買い、試しにチューリップと一緒に植えてみました。
大きめの鉢に植えていたせいか、キンギョソウがこんもりと大株になり、チューリップが終わってからも刈り込みを繰り返し、長く楽しめました。

#Top