Title_sowing

Home

Image種まきレポート

2002年 春まき    
Image
2001年 春まき
2001年 秋まき
2000年 春まき
Image
2000年 秋まき
   
1999年 秋まき

Line

種まきのコツ

初心者の場合

Image種選び
種まきは、大きいほど簡単だと言われています。
種を買うときに、袋の上からそっと触ってみて、大きそうなものだったら、失敗が少ないと思いますよ。

春まきなら、
好みはさておき、ヒマワリ、朝顔、ホウセンカ、オシロイバナ、フウセンカズラ、コスモス、ハツユキソウ、センニチコウ、ナスタチューム、サルビア、ジニア(ヒャクニチソウ)、キバナコスモス、ニチニチソウ、ボリジなどは種が大きいですね。

Image種まき時期
室内でもできますが、徒長(ヒョロヒョロの苗になる)しやすいので、初心者は避けた方がいいでしょう。戸外で蒔ける時期を間違えないのがポイントです。

秋の種まきは、2回あると考えてください。
1回目は、お彼岸の頃。(東京近郊)
2回目は、さらに気温が2、3度下がった頃。

春の種まきは、2回あると考えてください。
1回目は、八重桜が咲く頃。
2回目は、1回目から3週間前後。(東京では、ゴールデンウィークの頃)

Image気温の感じ方
上記の種まき時期は目安になるだけで、いつ蒔くのか!というのは、肌で気温を感じながら判断しています。

秋まきは、
9月の残暑を判断するのが難しいですね。
最高気温が下がり始めても、急に暑い日がやって来たりします。
逆に、急に涼しくなって、蒔き時を逃してしまうこともあるかもしれません。
私の大体の目安としては、最高気温が25度前後になったら、種まきを考え始めます。
最高気温が30度くらいでも、朝晩が涼しければ、蒔ける場合もあるのですが、種まき初心者には、扱いが難しいかもしれません。

春まきは、
3月に入ると、春の気分になってしまって、どうしても早く蒔きたいのですが、ここをジッとこらえるのが大変です。
上記の八重桜が咲く頃と、ゴールデンウィークの頃というのは、毎年、だいたい間違いなく気温が安定しています。秋より、春の方が、種まきは簡単ですね。

Image種と蒔き時
秋は、
1回目:パンジーなど、多くの種
2回目:ネメシア、リナリア、ロベリアなど、低温で発芽するもの

春は、
1回目:ナスタチューム、ボリジ
2回目:ヒマワリ、朝顔、ホウセンカ、オシロイバナ、フウセンカズラ、コスモス、ハツユキソウ、センニチコウ、サルビア、ジニア、キバナコスモス、ニチニチソウ

Imageその他
秋まきは、
残暑がある年と無い年では、蒔き時期を調整する必要があります。初心者で失敗しやすいのは、早い時期に蒔いてしまうことです。最高気温が25度を越えている時期は、失敗が多くなります。かといって、待ちすぎても発芽しないものもある・・・。
失敗が一番少ないと思えるのは、秋はお彼岸まで待って、蒔くことですね。(寒い地方の方は、もっと早くてもいいでしょう)

春まきは、
一般的に知られているものばかりですが、失敗が少ないということを前提に選びました。
こうして書いていて驚いたのは、ほとんどが2回目の種まき時期のものばかりでした。
気温がある程度上昇してからの方が、種まきがしやすいということですね。
春まきでお勧めなのは、サンビタリア、トレニア、ペチュニアなどがありますが、どれも種が細かいので注意が必要です。

失敗、成功にかかわらず、次の年の参考のために、いつ頃蒔いたのかメモしておくといいでしょう。気温などは、インターネットでいつでも調べられますから、次の年に生かしてください。私は、失敗を予想して、たくさんの品種を蒔いています。
失敗しても、苗を買えばいい!という気持ちで、難しい種に挑戦してみることもいいでしょう!


中上級者の場合
私も、失敗の連続です。アドバイスするほど、種まき上手ではないので、コメントは・・・。

パンジー、ビオラの夏の早蒔きや、ナスタチュームの2月の室内蒔きなど、時期をずらした方法に挑戦するのも楽しいものです。
失敗を繰り返しながら、種まきのコツをつかんで行ければ良いですね。

Top